銀行印の種類とか

銀行印って大人になれば誰でも持っているものですけど、皆さんはどんなハンコを使っているのかな?私は銀行口座が3つあるので3つとも別々の印鑑を作りました。でも困ったことにどれもパッと見似たようなものばかりなもので、どの印鑑がどの口座のものだったのか忘れてしまいました。普段は引き出す時はキャッシュカードを使うので全く問題ないのですが、公共料金などの自動引き落としの申し込みのときとかに困ってしまいます。つい先日もこの印鑑だったはずと思い、捺印したんですがどうも間違っていたらしく引き落としの手続きが大幅に遅れてしまう失敗をしてしまいました。
今度、子供 銀行印を作ろうと思っているのですが今回の件を教訓にすぐに区別がつく印鑑を作ろうと決めました。見ればすぐにわかるようにするには柄があるものや、わかりやすい書体や飾り彫りなどのように彫り自体が特殊なものを選ぶべきかなと思っています。それと苗字ではなく名前を彫ってもらうのもいいかなと考えています。でもお値段は覚悟しないといけないです。特殊な絵柄などを彫ってもらうとはやりそれなりに価格が高くなってしまいます。それでも登録している印鑑を探すのが簡単になるのであれば致し方がないかなと思っています。いずれにしても子供が長く使える良い銀行印を作りたいと思います。

通学路の確認

小学校に入学すると登校も下校も生徒がメインになります。近くに学校があれば一安心ですが、歩いて30分ぐらいの距離になるとお父さんもお母さんも心配ですよね。入学する前にどのような通路を通うのか親子で実際に歩いてみてデモンストレーションするのも大切なことだと思います。「ここが危ない!」という危険箇所をマークしてみたり、遠回りだけど歩道橋をわたるように促したり、集団登校の場合はそのルートも上級生に確認しておく必要もあります。一人で下校することもあるため、人通りの少ないところはないか?危ない階段や川、水路はないか等、大人の目線でのチェックも重要になってきます。子供は想像以上の遊びや、行動をすることがあるため少しオーバー気味に想像しながら危険を回避する術を子供に伝えておくことでお互いに新学期始まっても不安は軽減されると思います。先日私も子供と通学路をゆっくり話をしながら歩いてみました。学校まで近くのためそれほど歩く距離はないのですが途中公園があったり、線路が横に走っていたりするため改めて子供に危ないということを把握してもらいながら楽しく散歩してきたところです。そうすることで子供も少し安心しますし、小学校や新学期へのテンションも上がったように見受けられます。一人で登校するということだけでも幼稚園や保育園に行っていた子供からするとハードルは高いものです。少しずつ自信をつけていけるようにするためにも、デモンストレーションは大切な役割を果たしていると思います。

円安

最近「アベノミクス」という言葉を良く耳にしますよね。最初は安部さん効果ぐらいにしか思っていませんでしたがどうやら「金融緩和政策」みたいですね。緩和することで円安になるようで、以前資金運用で外資に手を出してしまいその後円高が加速して損をしていました。やはり地道にこつこつ普通に貯金していこう!と心に決めていたのですが最近の円安でちょっと潤ってきたのでもっと進まないかな~と欲が出てきてしまいました。どうやら95円前後が日本経済にとっては一番良い価値らしいですね。輸出も輸入も95円ぐらいで取引できると黒字が出る企業が多いということですが個人的にはもっともっと円安になって欲しいところです。だって外資に投資した当初は110円ぐらいだったんですよ!ちょっと前なのに急に何十円も円高が加速したんですね、ある意味異常ですよね。当時投資をした金融機関の方もまさか90円以下になることはないでしょう。みたいなことをおっしゃってたぐらいなのでこれから先も何が起きるかなんて誰も想像できないんじゃないでしょうか。とにかく長いスパンで日本の経済が潤って日本が豊かになるような政策を遂行して欲しいです。短期でちょっと潤っても子供や孫の世代が苦しむような将来は私たちにとっても不本意ですよね。総理大臣がころころ変わるだけでも世界の信用ももらえないし本腰いれた政策は実行できないはずです。みなで足並み揃えて一歩一歩前進していきたいですね。

歯のはえかわり

息子の歯も少しずつはえかわりの時期になったようで、すでに2本程上の中央の乳歯が抜けました。どちらも自然にぐらぐらとしてきてある日うどんを食べているときになんとなく抜けたのでそんなもんか・・・と思っていました。その際にお友達から眠るときに枕の下に入れておくと、お金にかわってるらしいといううわさを聞きつけ我が家でも試そうとしたので何とか止めました。毎回儀式となると母親として息子の期待にこたえられないかもしれない・・・と不安がよぎったからです。それでも最初は枕の下にしっかりと置いて眠ってしまったため、10円をそっと添えることになったのですが、それ以来はすることはなくなりました。少しでも丈夫で綺麗に整列した歯が出てくるように親も少し神経質になる部分でもありますよね。最初永久歯がはえてきたとき、黄色っぽかったので「もう虫歯になったか!」と焦ったのですがどうやら永久歯は乳歯ほど白くないみたいです。抜けた乳歯は本当に小さくてびっくりするほどでした。